読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のちオレときどき僕

年収400万の家づくりノート、子育て、想うことなど。日々を綴ります。

映画「STAND BY ME ドラえもん」感想 〜フルCGならではの魅力とは〜

映画「STAND BY MEドラえもん」を観てきました。
※本エントリーはネタバレ要素は含んでいないつもりですが、どんな情報であれ事前には一切知りたくないという方は読まないことをオススメします。
 
f:id:rhal:20140815221653j:plain
(ポスター。シンプルなデザインは好きなのですが"ドラ泣き"っていうキャッチコピーはイマイチじゃないかしら f^_^;)
 
映画の上映時間は95分。幼稚園児の子供達が3Dメガネをかけ続けるのは疲れるかな?と思い2Dにしました。
さて。本作については「改悪だ」「無理矢理泣かせようとしていて興ざめだ」というネガティブな評価が少なからず出ているようですが、私は素直に「面白かった」と思いました。
タイムマシーンに乗るシーンはメカメカしくてカッコよくて気分がグッと高揚しますし、タケコプターのシーンはスピード感とちょっぴりスリルがあって爽快。このあたりのアクション全般はフルCGならではの魅力です。
のび太ドラえもんの力を借りずに独力で頑張ろうとするシーンは泣ける。これは漫画だろうがアニメだろうがCGだろうが変わらないところです。泣けるものは泣けるんだからしょうがない。

気になっていた「改悪だ」と言われている独自の要素もストーリーの本筋には影響を与えてないですし、そもそもそういうネガティブな評判を流してる人達の大半って「観る気失せたわー」とか言ってて「観に行ってすらいないんかいっ」って思います。そんな人たちの評価など真面目に聞く必要はありませんよね。
それより個人的にマイナス要素だったのは先程も触れた"ドラ泣き"のキャッチコピーとエンドロールかなw あのエンドロールのやり方、流行といえば流行なのでしょうけれどもどうせなら無言劇でも止め絵でも良いからもっとエピローグ的なのを流してくれたほうが嬉しかったかな。 
あと、これはドラえもんに限ったことではないのですがフルCGの映画って動きが滑らか過ぎてかえって野暮ったくなるというかスピード感が損なわれてしまう部分がありますよね。あれはもう少しなんとかならんもんですかねぇ。
 
我が家の感想まとめ。
  • のび太くんが白目になったところが面白かった (5歳児)
  • キャラメルポップコーンが美味しかった(3歳児)
  • ジャイアンの目がハートになったところが面白かった(34歳児)

5歳児と34歳児の感想のレベルが同じです。
そして3歳児の感想が秀逸です。映画の内容と関係ないやん、何観ても同じやんw
まぁ子供なんてそんなもんですよね f^_^;

ストーリーが完全に理解出来なくてもキャラクターの表情が豊かで直感的に楽しめるので小さいお子様でも大丈夫。オススメです。

それではまた。


2014/8/16追記)
「基本的にはオススメですよ」と書いたのですが大人目線で振り返ってみるとマイナス要素が出てきました。ネタバレを含みますがよろしければ次のエントリーもご覧下さい。