読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のちオレときどき僕

年収400万の家づくりノート、子育て、想うことなど。日々を綴ります。

見渡す限り小麦色の斜面の途中に止まってる トラックの荷台にわらを敷きつめて その上に寝転んで息を吸うのさ 寒くもなく暑くもない秋の夕暮れ

音楽

ほうほう。はてなブログ今週のお題は「秋の気配」ですか。そうですかー。なるほどですねー。

ってちょっと待ってくださいよ!

そのネタ、そのタイトルでもう投稿済みなんですけど(涙

 


玉虫と秋の気配 - 私のちオレときどき僕

 

まさか...はてな運営さん、飛ぶ鳥を落とす勢いの当ブログの人気( ) を妬んでネタをパクリに来たのか...。畜生!そっちがその気なら徹底的にやってやるぜ!

はい。悪ふざけが過ぎました。すみません。

ただ、もはや通常の路線ではエントリ投稿済みなのでちょっと趣向を変えていきますね。

 

題して、「秋になると聴きたくなる一曲」。

 f:id:rhal:20140921234058j:plain

 

 

見渡す限り小麦色の斜面の途中に止まってる トラックの荷台にわらを敷きつめて
その上に寝転んで息を吸うのさ 寒くもなく暑くもない秋の夕暮れ
虫たちがやさしく 囁くのが聞こえる
風は近づく冬の気配を感じさせてくれるし
草の香りに包まれて
そまりはじめた雲がゆっくり流れて行くのを見上げながら
俺は 今 新宿で立ち止まってる
想像力のカプセルを 一つ飲み込んで

(小麦色の斜面 / Blankey Jet City より引用)

 

あぁーこれは良いですねー。いや凄い好きなんですよホント。旅人ベンジーの詩人っぷりが炸裂してます。歌詞の途中で、シーンをぐぐいっと展開させてるところが好きなんですよね。

「あぁ遠い異国かどこかでそういう旅をしてる途中の歌なのかなぁ」

と思ったら実は新宿に立ってるっていう現実への引き戻し。あと、歌詞のテーマはセンチメンタルな感じなんですけど単純なバラードじゃなくてチャッチャカチャラッチャ♪というカッティングから始まる軽快なリズム。「Live!!!」というアルバムに収録されているバージョンが非常に出来がよろしい。オリジナルアルバム版より断然こっちがオススメ。てか、ブランキーの初期はこの「Live!!!」だけ聴いとけばおkっていうくらい良すぎなのです。

あれ。。。なんの話だっけ。。。あ、そうそう。秋の気配ね。

ブランキー?なんか不良?が聴くイメージだし...古いし...無駄に裸だし...やかましい音楽は苦手だな...」

っていう人も上のストレート(過ぎる?)な歌詞はすぅっと胸に入ってくることでしょう。あんまり入ってこない人も、私に騙されたと思って一度聴いてみて下さい。  

 


小麦色の斜面(LIVE!!!) - YouTube

 

それでは今日はこのあたりで。

良い夢見ろよ。