読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のちオレときどき僕

年収400万の家づくりノート、子育て、想うことなど。日々を綴ります。

「館長 庵野秀明 特撮博物館」 in 名古屋に駆け込みで行ってきた

タイトルの通り、特撮博物館 in 名古屋に行って来ました。レポがだらだらと長くなりそうなので先に一言で感想を。
「なにこれ!めっちょすごい!面白い!感動した!」←語彙弱者

f:id:rhal:20150110150552j:plain
(巨神兵ポスターが入り口でお出迎え)

私自身はウルトラマンやゴジラをリアルタイムで楽しんだ世代ではありません。懐かしのヒーロー特集とか映画特集とかそんなテレビ番組でなんとなく眺めたことがある程度。でも予備知識が無くても十分過ぎるほど楽しめる内容でした。むしろ
「特撮をあまり知らない世代にこそ見て欲しい」
「失われつつある日本の特撮技術の素晴らしさ、匠のこだわり、そこから色々なものを感じとって欲しい」
という館長・庵野秀明からの熱いメッセージをビシビシと受信しました。

f:id:rhal:20150110205848j:plain
(折れた東京タワー)

館内では「巨神兵東京に現る」とそのメイキング映像が上映されています。このメイキング映像がとても素晴らしくて。良い年した大人達が真剣に汗をかいて枯れた技術の復活と進化に取り組む姿。これだけでも1400円払う価値有りと思いました。あとオプションですが音声ガイドがまた良くて。清川元夢さん(エヴァの冬月、ナディアのガーゴイル等) が館内47箇所の解説をしてくれます。教えて、冬月先生!
名古屋近郊にお住まいでまだの方は是非ぜひ。2015年1月12日(月・祝)までなのでまだ間に合います。

f:id:rhal:20150110210330j:plain
(遠近法 立体ウルトラマン)

名古屋市科学館で僕と握手!
ジュワッ!


「館長 庵野秀明 特撮博物館」ミニチュアで見る昭和平成の技

  期間:2014年11月1日(土)〜2015年1月12日(月・祝)
  場所:名古屋市科学館
  アクセス:地下鉄伏見駅から徒歩5分
  開館時間:9:30〜17:00 (入場は16:00まで)
  料金:大人1400円、高・大生900円、小・中生500円
  オプション:音声ガイド 520円(ペア利用800円)
  科学館Webサイト:
  公式Webサイト: