読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のちオレときどき僕

年収400万の家づくりノート、子育て、想うことなど。日々を綴ります。

世のお父さん達が太る理由と解決方法についての考察

世のお父さん達が太る理由は運動不足?それとも会社の飲み会?

ノンノン。
家族(主に子供)の食べ残しを
「もったいない」
と言ってついつい食べてしまう。
これです!
え?私だけじゃないですよね? つД`)

f:id:rhal:20140804224215j:plain
(びっくりドンキーのチーズバーグディッシュ。ワンプレートでオールインワンでオンリーワンで世界にひとつだけ…ではないけれど素敵なお方)

食べ残しついつい食べちゃう問題。
私だけじゃないと信じて話を続けます。
解決方法としては単純にこの習慣をやめれば良いのです。残り物は思い切って捨てる。
「捨てるのはちょっともったいないかな」という場合は冷蔵or冷凍保存して次の日に持ち越します。一件落着、めでたしめでたし。

…しかし、そうは問屋が卸しません。外食の場合はどうすれば良いのか問題が残っています。最近は食品衛生上、持ち帰りNGな店がほとんどです。これでは翌日に持ち越せません。残したらせっかく作ってくれた店の人に申し訳が立ちませんし
「っていうかお金払ってるのに残すなんてもったいないZE!」
とついつい庶民は思ってしまうわけです。ぐぬぬ

こうして世のお父さん達は冬ごもりの準備をするクマさんよろしく日々脂肪をたくわえるのでありました。
分かっちゃいるけどやめられない。

で。この現状を打破すべく最近私が試みているのは
「自分は7〜8分目の量を注文する」
という作戦。
名付けて腹八分目作戦!←まんまやんけ。

これで胃の空き容量を確保しておいて、子供が残したら
「ふふん、想定の範囲内ですよ」
と余裕の笑みを浮かべてサクッと片付けます。もし子供が無事に完食出来たなら、追加で何か注文すれば良いわけです。
この作戦は今のところうまくいっていますが実はひとつ弱点があります。それも割と致命的なやつです。
「自分が食べたいものを思う存分たらふく食べたい!」
という時には発動出来ないのです。

「フッ…世の中に完璧なんてものは無いのさ」
シニカルな笑みを浮かべて今日も今日とて残飯処理。

お父さんの苦悩は続く!
(シトロエンの孤独は続く!風に読んで下さい、と言って分かってくれる方は良かったらお友達になって下さい)